願成寺の桜(和歌山県海南市)

願成寺の桜(和歌山県海南市)

 2016年4月5日撮影。
 和歌山県海南市の願成寺。
 山道を登っていくと、坂の上に現れた桜の並木道。そこが願成寺でした。
 静かな山上のお寺で、他に花見客は一人、二人と数えるほど。なのに、満開のソメイヨシノが散り始めていて、吹雪のような花びらを降らせてくれました。この世とは思えない、キレイな光景やったなあ。
 写真は寺の境内から、桜越しに見る緑の山景色。桜がホンマにこれ以上ない満開でした。

願成寺の桜(和歌山県海南市)

 こちらは、菜の花と桜の競演。華やかな春景色ですなあ。
 ちなみに、この願成寺。西行の想い人であった待賢門院璋子を弔うために建立された寺だそうです。
 正月から本で追いかけてきた西行さんと、ここでばったりと出会ったような気になりました。

<DATA>
和歌山県海南市別所223

カテゴリ:桜・花の旅 和歌山

関連記事

 

関連する記事:30和歌山_桜・花の旅 桜・花の旅_和歌山 

長保寺の桜・その2 (和歌山県海南市)

長保寺の桜

 2013年3月30日。和歌山県海南市下津町の長保寺です。
 この写真は、本堂前の階段から見下ろした風景。石段を登りきって振り返ると、この風景が名に飛び込んでくるんですよ。
 おいらは「ほほ~っ」と声を出したんですが、後から来た若い女性は「キャー、サイコー!」と申しておりました。

長保寺の桃

 こちらは、1本の木に紅白の花が咲く、源平桃。1つの花の中に紅白がまじってることもあります。色合いがキレイなんで、つい見入ってしまいました。春の花がたくさん咲いていて、まさに「花の寺」です。

 長保寺は初めて行ったんですが、ちょうど満開だったので、とーっても楽しかったです。ガイドブックには紹介されてない桜の名所なので、オススメです。

<DATA>
場所:和歌山県海南市下津町上689

桜のHP:メニューの『桜の旅』をクリック

カテゴリ:桜・花の旅 和歌山
関連記事

 

関連する記事:30和歌山_桜・花の旅 桜・花の旅_和歌山 

長保寺の桜 (和歌山県海南市)

長保寺の桜

 2013年3月30日。和歌山県海南市にある長保寺。
 お寺全体が満開の桜に包まれて、まさに「花の寺」でした。
 上の写真は、桜に囲まれた多宝塔。この見え方は、奈良の長谷寺や談山神社に似てるような気がします。

 この日の和歌山は、どこもかしこも満開。ソメイヨシノもシダレザクラも咲き乱れて、まさに春爛漫でした。

長保寺の桜

 こちらは山門前の桜。あまりに満開なので、門の姿が下の方だけしか見えないほどなんですよ。
 近所の少年野球チームが花見に来てたり、比較的のどかな雰囲気なんで、ゆ~っくりと桜を楽しむことができました。ここはまた来たいなあ。

<DATA>
場所:和歌山県海南市下津町上689

桜のHP:メニューの『桜の旅』をクリック

カテゴリ:桜・花の旅 和歌山

関連記事

 

関連する記事:30和歌山_桜・花の旅 桜・花の旅_和歌山 

子安地蔵寺の藤(和歌山県橋本市)

子安地蔵寺の藤

 2012年4月28日。和歌山県橋本市の子安地蔵寺、藤の花です。
 全体で五分咲きというとこでした。日当たりの良い所に咲いていた白い藤は、今まさに満開。甘い香りを漂わせていました。
 初夏の日差しに輝く白い藤。写真だといいんですが、実際は気温が28度くらいあったので、初夏というより、早くも夏って感じで、暑い暑い。

子安地蔵寺の藤

 山門をくぐった途端、藤むすめ二人がお出迎えしてくれてビックリ。GW中には撮影会もあるということでした。おそらくGW後半には満開になるでしょうから、満開の藤と藤むすめの写真が、あちこちのブログにアップされるんでしょうかねぇ。 
 藤むすめさんたち、この暑い中、着物姿でニッコリ微笑んでました。エライっス!

<DATA>
住所:和歌山県橋本市菖蒲谷94

花のHP:メニューの『花の旅』をクリック

カテゴリ:桜・花の旅 和歌山
関連記事

 

関連する記事:30和歌山_桜・花の旅 桜・花の旅_和歌山 

道成寺の枝垂れ桜 和歌山県 

道成寺の枝垂れ桜

 2011年4月4日。和歌山県日高川町の道成寺。満開の桜を観てきました。

 本堂前に大きな傘のような姿を見せる枝垂れ桜。散り始めていたので、風が吹くたびに、たくさんの花びらがひらひらと舞っていました。

道成寺の枝垂れ桜

 枝垂れ桜のそばに立つと、桜越しに三重塔を観ることができます。まさに満開ならではの光景ですね。

 小さな花たちが輝いています。

道成寺の枝垂れ桜

 もう一本の枝垂れは、この紅枝垂れ桜。

 少し隠れた所にあるため、見つけた人はとても嬉しそうにしていました。こんなキレイな紅枝垂れなんだから、ニコニコになっちゃいますよね。
 
道成寺の枝垂れ桜

 木の下に入ると、この紅の迫力。まるで空から降ってくるようです。

 2011年の道成寺は、「関西で一番早く咲く」紀三井寺よりも、いち早く満開になりました。

<DATA>
場所:和歌山県日高郡日高川町鐘巻1738

桜のHP:メニューの『桜の旅』をクリック

カテゴリ:桜・花の旅 和歌山 道成寺
関連記事

 

関連する記事:30和歌山_桜・花の旅 桜・花の旅_和歌山 

道成寺の入相桜 和歌山県 

道成寺の入相桜110404

 2011年4月4日。和歌山県日高川町にある道成寺は、まさに満開。見事な桜を観ることができました。

 境内で一番目立っていたのが、まるで山のような姿をした一本桜「道成寺の入相桜」です。

 以前、この場所には樹齢数百年の桜があったのですが、昭和初期に台風で折れてしまったそうです。それが初代の入相桜。
 そして、折れた初代の根元から自生したのが、この二代目入相桜という話です。(案内板より)

道成寺の入相桜110404

 本堂へ向かって、まるで手を伸ばしているかのような姿。
 枝の先まで、花がびっしりと咲いています。

道成寺の入相桜110404

 桜の下に入り、見上げた瞬間、思わず「わーっ」と声が出ました。
 今にも花が降りそそいできそうな、迫力のある姿。大きく手を広げた枝ぶりも見事です。

道成寺の入相桜110404

 本堂横にある枝垂れ桜から観た入相桜。まさに桜の共演です。
 この角度からだと、丸いドーム状に見えますね。

 桜をぐるりと一回りしながら、一番美しい姿を見つけてみてください。

<DATA>
場所:和歌山県日高郡日高川町鐘巻1738

桜のHP:メニューの『桜の旅』をクリック

カテゴリ:桜・花の旅 和歌山 道成寺
関連記事

 

関連する記事:30和歌山_桜・花の旅 桜・花の旅_和歌山 

隠れた桜の名所『丸高稲荷神社』


丸高稲荷神社

 奈良県との県境、和歌山県橋本市にある丸高稲荷神社は、知る人ぞ知る桜の名所です。

 神社のある小高い山の上に登っていくと、桜で彩られた大きな朱色の鳥居が立っていました。思わず「これは、すごいなあ」と声が出てしまったほど。

丸高稲荷神社

 大鳥居をくぐると、小さな鳥居が連なる参道が、山頂へと延びています。鳥居の数はなんと83基。山の上から見下ろせば、写真のように朱色に連なる鳥居を桜が飾る、鳥居と桜の並木道です。

 山頂にも桜がたくさん咲いており、山の上からは、目の前に京奈和道路を見下ろし、遠くに紀ノ川南岸を見渡す広い景色が展望できます。のどかな景色の中を、近代的な広い道路が走っているという眺めが、なんだか不思議に思えます。

 また、この神社は、南にある隅田八幡神社の飛び地になっています。
 隅田八幡神社は、約1500年前の人物画象鏡を所有しており、境内に大きな人物画象鏡の碑が立っています。その鏡に刻まれた文字は、日本最古の金石文の一つとされています。

 場所は、京奈和道路(橋本バイパス)・橋本東ICの西、約1km。
 見頃は4月上旬頃です。

<DATA>
丸高稲荷神社 住所:橋本市隅田町垂井(地図参照)
隅田八幡神社 住所:橋本市隅田町垂井622(地図参照)



カテゴリ:桜・花の旅 和歌山
関連記事

 

関連する記事:30和歌山_桜・花の旅 桜・花の旅_和歌山 

プロフィール

日本全国をバイクで旅して、
現在34万km。関西エリアを
中心に旅スポットをご紹介。
by:アイアンホース


  ホームページはコチラ
最新記事

全記事一覧リストを表示

ブログ内検索
カテゴリ一覧
都道府県別一覧
カテゴリ詳細一覧
記事一覧リストを表示
全記事タイトル一覧リスト
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR
QRコードを読み込んで
携帯からアクセス
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加