吉野山の桜(奈良県吉野町) 

吉野山の桜

 2012年4月18日。奈良県吉野町の吉野山です。
 この日はほんとに天気が良くってね。遠くの山まで見えるほど、澄み渡ってたんですよ。とっても気持ちいい景色を眺めることができて、気分もリフレッシュしました。

 山を登っていくと、だんだん「下界を見下ろす」という感じになっていくんです。人や車が小さく見えていたのが、お寺や町が小さく見えるようにスケールが変わっていくんです。
 下界の景色を眺めながら、自分がどんどん高く登っているんだなあ、ということを実感します。

 画像をクリックして大きな画像でご覧ください。
 
<DATA>
場所:奈良県吉野郡吉野町吉野山
一覧:吉野山のページ一覧

桜のHP:メニューの『桜の旅』をクリック

カテゴリ:桜・花の旅 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

又兵衛桜(奈良県宇陀市) 

又兵衛桜

 2012年4月17日。奈良県宇陀市の又兵衛桜。
 この日は、まさに満開。風が吹くと、花をいっぱい付けた枝をゆ~らゆ~らと揺らしてました。花びらも横にひらひら~と飛んでてキレイでした。
 もう20年くらい見てますが、この日の満開は、トップ3に入るくらいの咲きっぷりでした。

又兵衛桜

 横から見る滝桜のような姿も見事ですね。
 今年は見頃バッチシだったんで、桜がとても元気そうに見えました。たくさんの人に見られて、どんな気持ちなんでしょうかねぇ。

<DATA>
場所:奈良県宇陀市大宇陀本郷

桜のHP:メニューの『桜の旅』をクリック

カテゴリ:桜・花の旅 奈良


関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

吉野山の桜(奈良県吉野町)

吉野山の桜

 2012年4月18日。奈良県吉野町の吉野山です。
 公式発表で、下千本・満開、中千本・満開、上千本・七分咲という山全体が満開の状態でした。

20年間、吉野を訪れてますが、ここまで咲いてるのは初めてかもしれません。その上、快晴の青空ってことで、もはや言うこと無し。完璧な花見日和、吉野日和でした。

 おいらは、舗装された登り道でなく、ハイキングコースを歩く方が好きなんで、山道をテクテク。写真の中央部にあるような山道を、鳥の声を聞きながら、ヤマザクラやソメイヨシノを見ながら、気分良く歩いてきました。

<DATA>
場所:奈良県吉野郡吉野町吉野山

桜のHP:メニューの『桜の旅』をクリック

カテゴリ:桜・花の旅 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

桜御坊『新家長福寺』その2

新家長福寺

 奈良県を代表する八重桜の名所・新家長福寺。写真右上の桜が見下ろすのは、満開の牡丹です。

 このお寺では、桜と同じ時に、藤や牡丹といった春の花を楽しむことができます。

新家長福寺

 あざやかな紫色は藤の花。
 境内の一角に藤棚があり、八重桜の満開に合わせるように、甘い香りを漂わせます。

新家長福寺

 牡丹のフワフワした花びらが、幾重にも開く姿は、まるで八重桜を大きくしたかのようです。
 色とりどりの牡丹、八重桜たちが目を楽しませてくれます。

新家長福寺

 華やいだ春の境内をゆっくりと散策してみてください。

 見頃は4月中旬~下旬頃です。

 新家長福寺の桜はこちらをご覧ください。

<DATA> 
拝観:境内自由
住所:奈良県北葛城郡広陵町三吉357

(撮影日:2008月4月21日、2009年4月17日)

カテゴリ:桜・花の旅 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

桜御坊『新家長福寺』

新家長福寺

 奈良県を代表する八重桜の名所です。
「かぐや姫の郷」として知られる広陵町にある寺院で、4月下旬まで桜が楽しめる遅咲き桜の名所でもあります。

新家長福寺

 境内はそれほど広くありませんが、色とりどりの八重桜が所狭しと咲き乱れています。花をたくさん付けて真ん丸になった桜が、とても愛らしく、まだまだ桜の季節だよ、と話しかけているかのようです。

新家長福寺

 こちらの緑の桜は「御衣黄」です。珍しい品種ですね。

新家長福寺

 さらに同じ敷地内に、大きくフワフワとした大輪の牡丹や、甘い香りがする藤の花まで咲くため、「花のお寺」を満喫することができます。

 見頃は4月中旬~下旬頃です。

<DATA>
拝観:境内自由
住所:奈良県北葛城郡広陵町三吉357

(撮影日:2008月4月21日、2009年4月17日)

カテゴリ:桜・花の旅 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

桜と五重塔『法隆寺』

法隆寺

 奈良県の斑鳩町(いかるがちょう)にあり、聖徳太子が飛鳥時代に創建したことで有名な寺院。
 春には、境内の各所に桜が咲き、華やいだ景色に包まれます。桜越しに見る国宝の五重塔は、春の装いを見せてくれます。

法隆寺

 法隆寺の周辺は、斑鳩の里と呼ばれており、中宮寺、法起寺など数多くの寺院が立ち並びます。春には、古刹めぐりと花見を一緒に楽しめます。

 見頃は4月上旬~中旬頃です。

<DATA>
拝観:境内自由、拝観料1000円(西院伽藍内、大宝蔵院、東院伽藍内共通)
拝観時間:8時~17時(11月4日~2月21日は16時30分)
TEL:0745-75-2555
住所:奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

近隣スポット:柿うどん『松本屋』

カテゴリ:桜・花の旅 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

城之山桜『西光寺』

西光寺

 奈良県宇陀市の室生寺から西へ、山を登ること数km。山上の村里に大きな枝垂れの一本桜が咲いています。
「城之山桜」という名で呼ばれ、薄紅色の花をたくさん咲かせています。

 樹齢は約300年、品種は小糸枝垂れ桜といわれており、大野寺と同じ品種です。

 近年は訪れる人が増えましたが、まだまだ隠れた桜の名所といえるでしょう。
 上から見下ろすと、満開の花を付けた両手を大きく広げたような姿に見えます。

西光寺

 道に下りてきて桜を見上げると、まるで桜の大きな傘のような姿です。

 フワフワと花びらが舞い降りてきて、まるで出迎えの挨拶をしてくれているような気がしました。

 見頃は4月上旬~中旬です。
(写真は2008年4月12日撮影)

<DATA>
住所:奈良県宇陀市室生区室生31



カテゴリ:桜・花の旅 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

千年桜『仏隆寺』

仏隆寺

 奈良県榛原の山間に咲く隠れた名桜。国道369号から脇道に入り、山道を駆け上がった先に現れる仏隆寺の千年桜。

 寺へと続く石段の途中に立つ古桜は樹齢約900年と言われ、根周7.7m、樹高16mの大樹です。品種は望月桜で、ヤマザクラとエドヒガンの交配種だそうです。

 近づいて見るもよし、少し離れた場所から、全貌を眺めるもよし。歴史を刻んだ秀麗な姿を観ることができます。
 周囲には菜の花が咲くため、桜と菜の花の色のコントラストも楽しめます。
 仏隆寺境内にも桜があるので、足を運んでみてください。

仏隆寺

 見頃は4月中旬~下旬頃。周辺の桜に比べ、遅めの開花です。
 (写真は2008年4月21日撮影)

<DATA>
志納金:100円
住所:奈良県宇陀市榛原区赤埴1684

近隣の桜スポット:小糸枝垂れ桜『大野寺』
         大宇陀の又兵衛桜

カテゴリ:桜・花の旅 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

小糸枝垂れ桜『大野寺』

大野寺

 奈良県室生区の大野寺に咲く見事な大枝垂れ桜。花の数が多く、真下から見上げるとまさに滝桜です。
 小糸枝垂れ桜という品種で樹齢は約300年。満開に咲く姿を間近に見られるので、花の生命力や咲く勢いまで感じられます。

 寺の境内には、もう1本の若い小糸枝垂れ桜と、30本ほどの紅枝垂れ桜が咲いており、満開の時期には、まるで競演しているかのようにも見えます。

 青空をバックに写真を撮りたい人は、午前中に訪れましょう。
 見頃は、4月上旬~中旬です。
(写真は2004年4月5日撮影)

 大野寺は「室生寺の西門」と呼ばれ、役行者が開き、弘法大師空海が堂を建立したと伝わる古刹です。川向かいの岸壁には高さ13.8mの磨崖仏があり、こちらも必見です。


<DATA>
入山料:300円
入山時間:8時~17時
TEL:0745-92-2220
住所:奈良県宇陀市室生区大野1680

近隣の桜スポット:大宇陀の又兵衛桜

カテゴリ:桜・花の旅 奈良

関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

枝垂れ桜『大宇陀の又兵衛桜』

大宇陀の又兵衛桜

 奈良県宇陀市にある枝垂れ桜の巨樹。「本郷の瀧桜」とも呼ばれ、樹齢は300年以上といわれる関西屈指の一本桜です。

 静かな山村の畑に立つ大きな桜は、後ろに桃の花を従え、満開に咲く姿は、艶やかさとともに風格さえ感じます。大きく手を広げているかのようにも見えます。

 この桜との出会いは、20年ほど前、写真週刊誌に掲載されているのを見たのがきっかけでした。
 まだ、インターネットも普及してない時代だったので、この桜を見つけるのに3年もかかりました。
 初めて見た時の圧倒されるような姿を、今でも忘れません。

 当時はまだ、今のように整備されていなくて、畑の中にポツンと立っていました。訪れる人も少なく、花や枝に触れることができました。

 NHK大河ドラマのオープニングに使われてから、一気に知名度が上がり、今では観光バスが訪れるほどの名所になりました。
 桜の周囲も整備され、柵ができ、今ではもう、花や枝に触れることもできなくなってしまいました。

 それでもやはり、毎年観に行ってしまいます。「今年はどうですか? 元気にしてますか?」と心の中で話しかけながら、花の勢いなどを見守ってしまいます。

 
大宇陀の又兵衛桜

 これは、2000年に撮影した夜桜。偶然、テレビの生中継があったので、テレビ用のライトで照らされています。

 夜に浮かび上がる姿は、幽玄さや荘厳さまで感じてしまいます。

大宇陀の又兵衛桜

 1枚目の写真より少し左側から見た姿です。見る角度によって、様々な表情を見せてくれます。

 人の大きさと比較すると、この桜の大きさが分かってもらえるでしょうか。
 樹高13m、幹周りは3m以上。その数字より遙かに大きい印象を受けます。

 「又兵衛桜」という名前は、大阪冬の陣、夏の陣で活躍した戦国武将・後藤又兵衛に由来します。
 豊臣方が敗戦した後、又兵衛はこの地に再興を期して隠棲しました。その又兵衛の屋敷跡にある桜なので「又兵衛桜」と呼ばれているそうです。

 桜の見頃は4月上旬~4月中旬。

 開花情報:宇陀市内の桜開花情報
 関連HP:大宇陀の又兵衛桜

<DATA>
住所:奈良県宇陀市大宇陀区本郷
桜維持保護協力金:100円
問い合わせ:宇陀市商工観光課 TEL:0745-82-2457

カテゴリ:桜・花の旅 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

プロフィール

日本全国をバイクで旅して、
現在34万km。関西エリアを
中心に旅スポットをご紹介。
by:アイアンホース


  ホームページはコチラ
最新記事

全記事一覧リストを表示

ブログ内検索
カテゴリ一覧
都道府県別一覧
カテゴリ詳細一覧
記事一覧リストを表示
全記事タイトル一覧リスト
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR
QRコードを読み込んで
携帯からアクセス
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加