スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノダコーヒ本店

イノダコーヒ

 京都三条にあるコーヒーの名店。入口のショーケースで見つけたジャンボシュークリームを注文してみました。目の前に出てきて、その大きさにビックリ! 横の手と比較すると、大きさ分かってもらえるでしょうか。
 中のクリームを撮るために切ってみたのが、上の写真。甘さ控えめのクリームには、卵がタップリ入っていて、プルプルの食感。完食すれば、甘味心が満たされます。時間帯によっては、売り切れの場合もあります。

イノダコーヒ

こちらは、イノダのレギュラーコーヒー「アラビアの真珠」。
 飲む前にカップに顔を近付けると、う~んコーヒーのいい香り。それから一口含むと、口の中にコーヒー旨味やコクが広がります。美味しいなあ。一口、一口、じっくりとコーヒーを味わう至福のひととき。幸せですねー。コーヒーに入ってるミルクが、味をまろやかに引き立てているようです。
 セットで食べたイチゴショートも、なめらか生クリームで上品な味。京都散策のおやつタイムにピッタリです。

<DATA>
営業時間:7時~20時 店休日:無休
TEL:075-221-0507
住所:京都府京都市中京区堺町通三条下ル道祐町140

カテゴリ:グルメ 京都
関連記事
スポンサーサイト

 

関連する記事:26京都_グルメ グルメ_京都 

あぶり餅『かざりや』

かざりや

 京都・洛北、今宮神社参道にある、あぶり餅の店。

 炭火で焼かれた香ばしいお餅に、きなこと白味噌をかけたもので、この白味噌ダレの甘さがまさに絶妙。甘みがふわーっと口の中に広がります。これはうま~い。何本食べても手が止まりません。1人前15本でもあっという間。おっとー、隣のお客さんはおかわりしてます。

かざりや

 甘味好きのハートを射止めてしまう、あぶり餅。写真のように、店先でお餅をあぶるシーンに目は釘付け。きなこを付けたお餅を扇型に広げ、おばちゃんが炭火の上であぶっています。これを見てるだけでも美味しそう。

 お店の軒先であぶり餅を食べながら、お茶で一服。古い佇まいの店や神社の参道を眺めていると、まるで時代劇のセットの中にいるような気持ちになります。
 また、京町屋のお店に上がり、座敷から庭を眺めてゆっくりと味わうのもいいですよ。

 場所は、千本北大路交差点から北東へ約800m。お店は東門の参道にあります。

かざりや

 こちらは、朱色の門が美しい今宮神社。平安京の時代から、疫病除けの神様として崇められています。疫社にはスサノオ、本社にはスサノオの妻、奇稲田姫(クシイナダヒメ)が祀られています。
 また、撫でると健康回復、祈願成就するという奇石「阿呆賢さん」(あほかしさん)や、 織物の祖神を祀る織姫社があります。

<DATA>
値段:あぶり餅1人前500円
営業時間:10時~17時30分
店休日:水曜(1,15日の場合は翌日休)
TEL:075-491-9402
住所:京都府京都市北区紫野今宮町96

(再訪日:2014/4/15)
(訪問日:2009/2/15)

カテゴリ:グルメ 歴史 京都
関連記事

 

関連する記事:26京都_グルメ グルメ_京都 26京都_歴史 *歴史_京都 

鍋焼きうどん『冨美家』

冨美家

 京都・錦市場にある食事処。市場散策でお腹が空いたら、ゆっくり座って、お昼ご飯を食べていきましょう。
 お店に入ると、どこか懐かしい昭和時代の食堂といった雰囲気です。

 看板メニューは、鍋焼きうどんの「冨美家なべ」。関西風の柔らかいうどんと甘めのダシに、エビ天、お餅、卵などが入った具だくさん。出来たてのアツアツをフウフウ言って食べると、体が温まります。お店の雰囲気と同じく家庭的な味で、子供の頃に食べた「おうどん」を思い出します。

 元々は甘味処だったお店なので、甘い物メニューも豊富。ぜんざい、あんみつ、パフェなどを味わってみてください。

 以前は、豆乳ドーナツ『こんなもんじゃ』の向かいに店があったのですが、現在その場所ではバームクーヘンを販売してます(バウムクーヘン工房 FUMIYA KYOTO)。
 店は、そのバームクーヘン工房から北へ徒歩1分の所にあります。

<DATA>
値段:冨美家なべ650円
営業時間:11時~16時30分
店休日:無休(1/1~3は休み)
TEL:075-222-0006
住所:京都市中京区菊屋町519

近隣スポット:豆乳ドーナツ『こんなもんじゃ』
       錦市場『魚力』

カテゴリ:グルメ
関連記事

 

関連する記事:26京都_グルメ グルメ_京都 

マグロのヅケ串『木村』

木村

 京都・錦市場にある鮮魚店。店頭には美味しそうなマグロの串ものが並んでおり、市場散策の人たちが1本買って、その場で味わっています。

 右がマグロのヅケであっさりした味。左はマグロのカルパッチョで、オリーブオイルとニンニクで味付けされており、ポップには「イタリアンテイスト」と書かれています。

木村

 他にも、ハモ、モンゴウイカ、ホタテなどがあり、1串1串を楽しんでみてください。

 場所は、錦市場の西側、堺町通りと柳馬場通りの間です。

<DATA>
値段:生マグロのヅケ150円、生マグロのカルパッチョ150円
営業時間:8時30分~18時
店休日:日祝
TEL:075-221-1639
住所:京都市中京区中魚屋町486

近隣スポット:豆乳ドーナツ『こんなもんじゃ』
       錦市場『魚力』
       鍋焼きうどん『冨美家』

関連記事

 

関連する記事:26京都_グルメ グルメ_京都 

桜アイス『いっぷく茶屋』

いっぷく茶屋

 京都市右京区にある仁和寺は、遅咲きの御室桜(おむろざくら)で有名な所。
 そのお寺の向かいにある茶店が、いっぷく茶屋です。

 お花見にピッタリなスイーツは、桜アイスクリーム。塩漬けした細かい桜葉が入っていて、桜の香りが楽しめます。

 お花見に来た時、店先の縁台に座り、暖かい春の陽射しの下で食べるのもいいでしょう。
 正面に立つ大きな二王門を眺めながら食べるアイスというのも、なかなかオツなもの。「花よりアイス」を楽しんでみてください。

 もうちょっと食べたいな、という人には、桜だんご(300円)もあります。

<DATA>
値段:桜アイスクリーム400円
営業時間:9時~17時
店休日:木曜(祝日の場合は営業。4月は無休)
TEL:075-462-8296
住所:京都府京都市右京区御室小松野町28-1

(訪問日:2006/4/17)

カテゴリ:グルメ 京都
関連記事

 

関連する記事:26京都_グルメ グルメ_京都 

カレーうどん『日の出うどん』

日の出うどん

 京都・南禅寺、永観堂の北、鹿ヶ谷通にあるカレーうどんの有名店。
 トロッっとした出汁がカレーの辛みがきいて、うまいことうまいこと。柔らかめのうどんで、具は、肉、きざみ揚げ、ネギです。

 アツアツのカレーうどんをフゥフゥしながら食べるのは、ホンマに美味しいですよね。クセになる辛さなので、もう一口、もう一口と追いかけて食べてしまいます。

 お昼時は待ち行列ができるので、少し時間をズラすのがオススメ。紙エプロンのサービスも有り。店主のおじさんは愛想のいい方です。

 春は哲学の小径、南禅寺の桜、秋は永観堂、南禅寺の紅葉を観た後に、温かいカレーうどんを一杯いかがでしょうか。

<DATA>
値段:特カレーうどん950円
営業時間:11時~17時
店休日:日曜
TEL:075-751-9251
住所:京都府京都市左京区南禅寺北ノ坊町36

(訪問日:2009/4/10)

近隣のスポット:狛ねずみが鎮座する『大豊神社』


カテゴリ:グルメ 京都
関連記事

 

関連する記事:26京都_グルメ グルメ_京都 

粟餅所 澤屋


 京都・今出川通り沿い、北野天満宮前にある粟餅の店です。江戸時代から300年以上続く老舗で、天神さん(北野天満宮)の参拝客がたくさん訪れます。

 店内に入ると、テンポよく、たくさんの粟餅を作っている姿が目に飛び込んできます。ハイスピードでリズミカルな動作は、まさに達人技です。

 粟餅は、丸いこし餡と横長のきな粉の2種類。注文すると、その場でお餅を丸めてくれます。出来上がったばかりの粟餅は、とても柔らかくて嬉しくなるほどの美味しさ。甘味はあっさりしているので、5個くらいはあっという間に食べてしまいます。

 写真は、お土産用の10個入りですが、買ってすぐに食べることをお勧めします。この店の粟餅は、作りたてが一番美味しいからです。
 できれば、店内で食べるのがベスト。1皿5個550円です。人気店なので席待ちの場合もありますが、それでも食べれば納得すると思います。

 場所は、北野天満宮前交差点から西へ約100m。今出川通の南側沿いです。

<DATA>
値段:粟餅 10入1100円
営業時間:9時~17時前後(売切れ次第)
店休日:木曜、毎月26日(日・祝日は営業)
TEL:075-461-4517
住所:京都市上京区紙屋川町838-7

(訪問日:2009/2/15)

カテゴリ:グルメ 京都
関連記事

 

関連する記事:26京都_グルメ グルメ_京都 

ラーメン『たく味』

たく味

 京都市左京区、京都大学近くにあるラーメン店。
 名物は、チャーシュー超大盛りのたく味チャーシューメン。丼からあふれんばかりに、チャーシューの花が満開です。

 このチャーシューの山盛りネギをかき分けていくと、ようやく現れる細めのストレート麺とスープ。豚骨醤油のトロッと濃厚なスープは、このボリュームにピッタリです。

 食べても食べても無くならない満開のチャーシューと、いざ勝負! 「肉肉肉麺肉肉肉麺……」のリズムで食べていると、いつの間にか加速がついて箸が止まらなくなり、ようやく完食。ふぅ~、なんとか勝ちました。満足満足。

 場所は百万遍交差点から西へ約150m。または、京阪出町柳駅から東へ約500m。

<DATA>
値段:たく味チャーシューメン850円
営業時間:11時~翌2時
店休日:無休
TEL:075-701-6823
住所:京都府京都市左京区田中関田町2-8

(訪問日:2006/2/24)

近隣スポット:皿うどんとチャンポン『まつお』
       豆餅『出町ふたば』

カテゴリ:グルメ 京都
関連記事

 

関連する記事:26京都_グルメ グルメ_京都 

豆乳ドーナツ『こんなもんじゃ』

こんなもんじゃ

 錦市場にある京とうふ『藤野』の店。店頭では、様々な種類の豆腐やお揚げが販売されています。

 錦市場の食べ歩きにオススメなのは、豆乳ドーナツ。一口サイズのドーナツが10個で250円。店先で揚げているので、ドーナツのいい匂いに、たくさんのお客さんが立ち寄っていきます。20個30個と揚げられるドーナツを見ていると、なんだか笑顔になってしまいます。

 揚げたてドーナツはアツアツで、サクサクッとした食感。ほのかな甘さなので、一つまた一つと食べる手が止まりません。小腹が空いてる時なら、あっという間に完食してしまいます。
 
 店内にイートインコーナーがあるので、豆乳ソフトクリームも食べて、ゆっくりしていきましょう。

場所は、錦市場の西側、堺町通りの角。鍋焼きうどん『冨美家』の向かいです。

<DATA>
値段:豆乳ドーナツ10個250円
営業時間:10時~18時
店休日:無休
TEL:075-255-3231
住所:京都府京都市中京区中魚屋町494

(訪問日:2009/2/15)

近隣スポット:鍋焼きうどん『冨美家』
       錦市場『魚力』

カテゴリ:グルメ 京都

関連記事

 

関連する記事:26京都_グルメ グルメ_京都 

錦市場『魚力』

魚力

 京都の台所・錦市場にある焼き魚の専門店。

 市場を歩いていると、焼き魚の美味しそうな匂い。足を止めてみると、炭焼きハモやウナギなど、串焼きされた魚が店頭にズラリと並んでるではないですか。今すぐ、白ご飯を持ってきて食べてみたい、という気にさせられます。

 錦市場といえば、食べ歩き。何かいいのはないかな、と見てみると、あったあったありました。うまそうなモンゴイカのゲソ焼きが。
 お店の人に1本お願いすると、炭火で温めてくれました。待ってる間、焼かれたイカの香ばしい匂いがして、食欲をそそります。

 アツアツになったイカにかぶりつくと、ものスゴイ歯応え。なのに柔らかくて弾力があります。こりゃあ、うまいやあ。

 場所は、錦市場の中間あたり。柳馬場通りと富小路通りの間です。


魚力
<DATA>
値段:モンゴイカのげそ焼き 300円(訪問時の値段です) 
営業時間:8時~18時(売り切れ次第)
店休日:水曜
TEL:075-221-4003
住所:京都府京都市中京区東魚屋町176-1

(訪問日:08/2/28)


近隣スポット:豆乳ドーナツ『こんなもんじゃ』
       鍋焼きうどん『冨美家』

カテゴリ:グルメ 京都
関連記事

 

関連する記事:26京都_グルメ グルメ_京都 

プロフィール

日本全国をバイクで旅して、
現在34万km。関西エリアを
中心に旅スポットをご紹介。
by:アイアンホース


  ホームページはコチラ
最新記事

全記事一覧リストを表示

ブログ内検索
カテゴリ一覧
都道府県別一覧
カテゴリ詳細一覧
記事一覧リストを表示
全記事タイトル一覧リスト
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
QRコード
QR
QRコードを読み込んで
携帯からアクセス
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。