橋のオブジェ『丹波篠山のデカンショ娘』

丹波篠山・監物橋のデカンショ娘


 橋の親柱にあるオブジェ、モニュメントのシリーズ第5弾。
 デカンショ節の里、兵庫県篠山市で見つけたデカンショ娘のオブジェです。

 篠山市は「丹波篠山」と呼ばれ、城下町風情やイノシシや松茸などのグルメを楽しんだり、のどかな田園風景を旅する観光地として親しまれています。

 篠山城の南、篠山川に架かる監物橋の親柱では、娘さんがデカンショ節を踊っています。ヨーイ、ヨーイ、デッカンショ!って合いの手を入れたくなります。

 ちなみに、この橋の名である「監物」は、橋の南側に戦国武将の渋谷監物の館があったことから、名付けられたそうです。

 場所は、篠山城南濠の東端から、南へ約300m。南新町交差点の南です。

 同じ篠山市にあるイノシシのオブジェはこちらです。

<DATA>
所在地:兵庫県篠山市南新町~篠山市北
橋のオブジェ一覧

カテゴリ:不思議おもしろ百景 兵庫

 

関連する記事:28兵庫_不思議おもしろ百景 不思議おもしろ百景_兵庫 

橋のオブジェ『丹波篠山・渡瀬橋のイノシシ』

丹波篠山・渡瀬橋のイノシシ

 橋の親柱にあるオブジェ、モニュメントのシリーズ第4弾。
 デカンショ節で知られる兵庫県篠山市で見つけたイノシシのオブジェです。

 篠山市は、丹波篠山と呼ばれる城下町。周囲を緑に囲まれた盆地で、田園風景が広がるのどかな場所です。
 町は篠山城を中心に観光地となっており、食事処や土産物屋が立ち並んでいます。

 その篠山城から東へ約1.5km。篠山川に架かる渡瀬橋の親柱に、イノシシの像が立っています。鼻をフンと上に向けて、足を踏ん張る姿は勇ましく見えます。

 丹波篠山は、冬の味覚としてボタン鍋(イノシシ鍋)が有名な所。町では毎年「いのしし祭り」が開催されるほどで、イノシシは町のシンボルキャラクター的存在です。

 場所は、舞鶴若狭道・丹南篠山ICから東へ(篠山城方面へ)。県道36号沿いです。

 同じ篠山市にあるデカンショ娘のオブジェはこちらです。

<DATA>
所在地:兵庫県篠山市東吹~篠山市東岡屋
橋のオブジェ一覧

カテゴリ:不思議おもしろ百景 兵庫

 

関連する記事:28兵庫_不思議おもしろ百景 不思議おもしろ百景_兵庫 

橋のオブジェ『井明神橋の釣鐘』

井明神橋の釣鐘

 橋の親柱にあるオブジェ、モニュメントのシリーズ第3弾。
 琵琶湖の北部、滋賀県木之本ICの東、高時川に架かる井明神橋で見つけた釣鐘のオブジェです。

 湖北地方の高月町、木之本町は、己高山を中心として奈良時代から仏教文化が栄えた地域で「観音の里」とも呼ばれています。
 そのために、釣鐘のオブジェが置かれたのだと思われます。

 橋の周辺には、紅葉で有名な鶏足寺や、場所は宿泊、日帰り入浴施設のある「己高庵」などがあります。

 また、この地方は古代豪族・伊香氏の拠点でした。「伊香郡」という地名は、風土記にも記された古い地名でしたが、2010年1月に長浜市との合併で消滅しました。今は「伊香高校」「伊香具神社」などにその名を残しています。

<DATA>
所在地:滋賀県長浜市高月町尾山~木之本町石道
橋のオブジェ一覧

カテゴリ:不思議おもしろ百景 滋賀

 

関連する記事:25滋賀_不思議おもしろ百景 不思議おもしろ百景_滋賀 

橋のオブジェ『郵便橋の郵便ポスト』

橋のオブジェ・郵便橋

 橋の親柱にあるオブジェ、モニュメントのシリーズ第2弾。
 和歌山県上富田町・富田川の「郵便橋」で見つけた郵便ポストのオブジェです。

 なぜ「郵便橋」という名称なのか。不思議に思い、周辺を探索していると、本物の赤い郵便ポストの上に、何やらナゾの物体を見つけました。それが下の写真です。

橋のオブジェ・郵便橋

 郵便ポストの上にあったのは、小舟に乗った郵便配達人の像でした。その側面に、郵便橋の由来が書かれていました。
 明治時代初期、富田川では渡し船によって郵便を運んでいました。その後、明治23年(1890年)頃に、その渡し場あたりに橋が架けられ、「郵便橋」と名付けられたということです。

 江戸時代の飛脚から、明治時代の近代郵便制度に変わった頃の歴史が、橋の名前として残っているのですね。

橋のオブジェ・郵便橋

 場所は、南紀白浜から続く県道31号と国道42号の交点、「郵便橋」の交差点にあります。

<DATA>
所在地:和歌山県西牟婁郡上富田町岩崎
橋のオブジェ一覧

カテゴリ:不思議おもしろ百景 和歌山

 

関連する記事:30和歌山_不思議おもしろ百景 不思議おもしろ百景_和歌山 

橋のオブジェ『すさみ町のカツオ』

橋のオブジェ・カツオ

 橋の親柱にあるオブジェ、モニュメントのシリーズ第1弾。
 和歌山県すさみ町の「平松橋」で見つけたカツオのオブジェ。反り返り型と、直刀型の2種類があります。

 反り返り型を両手で持つように写真を撮れば、とれとれピチピチのカツオを「とったどー!」のポーズになります。

橋のオブジェ・カツオ

 すさみ町は「ケンケンかつお」で有名なので、このオブジェを作ったのではないか?と想像します。

 場所は、県道38号、太間川に架かる平松橋。詳しくはマップ参照。

<DATA>
所在地:和歌山県西牟婁郡すさみ町周参見平松
橋のオブジェ一覧

カテゴリ:不思議おもしろ百景 和歌山

 

関連する記事:30和歌山_不思議おもしろ百景 不思議おもしろ百景_和歌山 

プロフィール

日本全国をバイクで旅して、
現在33万km。関西エリアを
中心に旅スポットをご紹介。
by:アイアンホース


  ホームページはコチラ
最新記事

全記事一覧リストを表示

ブログ内検索
カテゴリ一覧
都道府県別一覧
カテゴリ詳細一覧
記事一覧リストを表示
全記事タイトル一覧リスト
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
QRコード
QR
QRコードを読み込んで
携帯からアクセス
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加