出町ふたば

出町ふたば

 京都の出町柳にある老舗の和菓子屋さん。全国各地から来るお客さんのお目当ては、豆餅。
 一口食べると、お餅のプニッとした柔らかな食感と、お豆のしっかりしたツブツブ感が楽しめます。お餅の中には、あっさりとした餡がたっぷり詰まっていて、甘味好きにはたまりません。

 お店の前には、いつも行列ができてますが、待ち時間はそんなにかかりません。ショーケースに並んだお餅を見ながら、どれにしようかな?と迷っているうちに順番がくるので、行列に並ぶのも楽しい時間です。

<DATA>
値段:名代豆餅1個160円
営業時間:8時30分~17時30分
定休日:火曜、第4水曜
TEL:075-231-1658
住所:京都府京都市上京区河原町通今出川上る青龍町236

(訪問日:2008/2/28)

カテゴリ:グルメ 京都
関連記事

 

関連する記事:26京都_グルメ グルメ_京都 

びんび家

びんび家

 徳島県鳴門市、国道11号線沿いにある海鮮食事処。美味しい魚が味わえる店として有名で、県外からもたくさんの人が訪れています。写真の刺身定食では、ハマチやタイの刺身が厚切りで歯応えがよく、ボタンエビはとても新鮮です。
 メニューが豊富で、様々な魚の刺身定食や天ぷら、釜めしなどがあり、どれにしようか迷うほどです。

びんび家

 こちらは定食に付いてくる大盛りわかめ汁。鳴門特産のわかめが、あふれんばかりに入っています。全部食べると、もうお腹いっぱいに。

びんび家  国道11号線に立つ、この大きな看板が目印。
 目の前には、瀬戸内海の青い海が広がるバツグンのロケーションです。

<DATA>
料金:刺盛定食1500円
営業時間:9時~21時
店休日:無休
TEL:088-682-0023
住所:徳島県鳴門市北灘町粟田字ハシカ谷20-2

(訪問日:2008/8/31)
カテゴリ:グルメ 徳島
関連記事

 

関連する記事:グルメ_徳島 36徳島_グルメ 

巨大かぐや姫降臨! はしお元気村

はしお元気村

 奈良県広陵町の巨大かぐや姫。「はしお元気村」という施設にそびえ立っています。県道5号と14号の交差点にあるため、バイクや車で走っていると、思わず「何やアレ?」となります。

はしお元気村

 どのくらい大きさかは、この写真を見てもらえばわかると思います。さすがに、初めて見ると「えっ?」ってなりますよね。

※左下の店舗は現在「季節料理 四季」に変わっています。


讃岐神社

讃岐神社  なぜ、この場所にかぐや姫が?と思いますよね。そこで、調べてみました。 「竹取物語」では、かぐや姫を育てたおじいさんは竹取翁(たけとりのおきな)で「讃岐造(さぬきのみやつこ)」という名前だったと書かれています。  広陵町には讃岐氏と関係のある讃岐神社(左写真)があり、古い地名が「散吉郷」であることから、この地が「竹取物語」の舞台であると比定されたそうです。

竹取公園

竹取公園

竹取公園の龍

竹取公園

竹取公園の
かぐや姫トイレ

竹取公園

かぐや姫の
イラスト拡大


広陵町かぐや姫看板  讃岐神社の近くには「竹取公園」があります。入口には、かぐや姫のイラストが描かれた竹型のトイレが。
 さらに園内の池には、龍のオブジェがあります。これは、かぐや姫に求婚した大納言大伴御行が探したという「龍の頸の五色の玉」をモチーフにしたものです。
 また、竹取公園周辺の通りには「かぐや姫のまち」と書かれた看板が立っています。
(画像をクリックすると大きな画像が表示されます)

<DATA>
巨大かぐや姫(はしお元気村)
     住所:奈良県北葛城郡広陵町大字弁財天295-3
竹取公園 住所:奈良県北葛城郡広陵町三吉391-1
讃岐神社 住所:奈良県北葛城郡広陵町三吉328

(訪問日:2009年11月)

カテゴリ:不思議おもしろ百景 歴史 奈良

 

関連する記事:不思議おもしろ百景_奈良 29奈良_不思議おもしろ百景 29奈良_歴史 *歴史_奈良  

鳥喜多

鳥喜多

 滋賀県長浜市にある親子丼の店。テーブルに出てきた親子丼を見た瞬間、その卵のトロリ感に目は釘付けです! これは、たまりませんね~。真ん中でプルプルしている黄身を、箸で割るの時のメッチャ嬉しいこと。
 とじた卵のトロみ加減、あっさりとしたダシの味、鶏肉の味わい。どれをとっても「美味しい!」と叫んでしまう絶品の親子丼です。

鳥喜多

 昭和6年創業の老舗。場所は、長浜の黒壁スクエアの入口。駅前通りに面しています。
 昼時には行列ができるので、少しズラした時間帯が狙い目です。

<DATA>
料金:親子丼580円
営業時間:11時30分~14時(土日祝~13時30分)、16時30分~19時
店休日:火曜休
TEL:0748-62-1964 住所:長浜市元浜町8-26

カテゴリ:グルメ 滋賀
関連記事

 

関連する記事:25滋賀_グルメ グルメ_滋賀 

奥野家

奥野家

 伊勢神宮・おはらい町にある食事処。オススメは和牛あぶり寿司。牛肉の旨みと甘味、柔らかさを一度に味わうことができます。口の中でトロッと肉が溶けていく食感がたまりません。お伊勢参りのランチに、ぜひぜひ食べてみてください。
 また、松阪牛のあぶり寿司もあります(2カン2000円)。

奥野家

 こちらは、伊勢の郷土料理・てこね寿司。カツオの醤油漬けを寿司飯にのせたもので、あっさりしていて、食べやすいご飯です。漁師が船上でカツオを醤油漬けして食べたのが始まりと言われています。
 伊勢の食事処には必須メニューなのですが、店ごとに少しずつ味わいが異なるので、好きな味の店と出会えたら、大吉かも。

<DATA>
料金:極上和牛あぶり寿司2カン1000円
営業時間:11時~16時 店休日:水曜
TEL:0596-22-2589
住所:三重県伊勢市宇治今在家18

(訪問日:2008/11/25)

カテゴリ:グルメ 三重
関連記事

 

関連する記事:24三重_グルメ グルメ_三重 

謎の巨石 石の宝殿 生石神社

石の宝殿

 兵庫県高砂市の生石(おうしこ)神社は謎の巨大石造物で有名です。
 境内にそびえたつ巨岩は「石の宝殿」と呼ばれ、高さ約6m、重さ約500トン。日本三奇の一つといわれています。竜山石の山から切り出す方法で作られていて、まるで水の上に浮いてるように見えるのが不思議!
 この竜山石は、蘇我氏や物部氏が活躍した飛鳥時代に、古墳の石棺として使われていたことが知られています。同じ時代に繁栄した奈良県の明日香村にも、多数の謎の石造物があり、その関係性を想像するのが古代ロマンの醍醐味ですね。

石の宝殿

 正面から見て、左側の側面には溝が掘られています。奈良県の明日香村の近くにも「益田岩船」(奈良県橿原市白橿町)という高さ約5mの謎の巨石があります。どちらも、その大きさや加工された形状から、古墳の石室ではないかと想像するのですが。

石の宝殿

 真後ろには、これまた謎の三角形の突起がニョキっと出ています。

石の宝殿

 石の宝殿拝観料は100円。お賽銭という気持ちで納めてきました。

<DATA>
住所:兵庫県高砂市阿弥陀町生石171

(訪問日:2008/12/25)

カテゴリ:不思議おもしろ百景 歴史 兵庫
関連記事

 

関連する記事:不思議おもしろ百景_兵庫 28兵庫_不思議おもしろ百景 *歴史_兵庫 28兵庫_歴史  

重乃井 奈良店

重乃井

 JR奈良駅の東側にある有名うどん店。訪れた日も開店前から待ち行列ができていました。
 名物は釜あげうどん。注文を受けてから茹でるので、期待しながら、しばしお待ちください。この時、頭に浮かんだ「じっとガマンの子であった」というフレーズは40歳以上向けか……。

 湯気とともに、ついに登場した釜あげうどん! ふーふーしながら、一口食べてみると、付けダシがメチャクチャうまいんですよ。旨味や甘辛さの加減がバツグンで、人気店の理由もわかります。うどんは弾力のあるタイプで、プニュっとした食感。何玉でも食べられそうやな、と思いました。

<DATA>
値段:釜あげうどん(並)600円
営業時間:11時~24時 店休日:水曜、第3火曜
TEL:0742-26-7748 住所:奈良市杉ケ町17-1

(訪問日:2009/1/29)

カテゴリ:グルメ 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_グルメ グルメ_奈良 

カメの電話ボックス 大浜海岸

大浜海岸1

 大きなウミガメ型の電話ボックスを発見!
 ここは、徳島県美波町日和佐地区にある大浜海岸。NHK朝のドラマ「ウェルかめ」(2009年10月~2010年3月放送)の舞台でもあります。
 電話BOXは海岸に隣接する「日和佐うみがめ博物館 カレッタ」の横に立ってます。なかなかカワイイ顔なので、360度撮影できるようになっていれば、もっと嬉しいのですが。

大浜海岸2

 日和佐の町には、この<ようなウミガメマークの観光案内板もあります。これまた、愛嬌のある顔立ちですね~。

大浜海岸3

 大浜海岸の看板もウミガメの形になっています。この看板から海に下りると

大浜海岸4

 広くて美しい砂浜が広がっています。ウミガメが産卵に来るというのもわかる静かでキレイな所です。この海を眺めながら、しばらくボーッとしていました。

(訪問日:2008年3月29日)

カテゴリ:不思議おもしろ百景 日本の風景 徳島
関連記事

 

関連する記事:36徳島_不思議おもしろ百景 不思議おもしろ百景_徳島 36徳島_日本の風景 日本の風景_徳島 

纏向遺跡

纏向遺跡1

 最近、新聞やテレビで「邪馬台国発見か?」とか書かれている奈良の纏向遺跡の発掘現場へ行ってきました。現地説明会の日だと、何千人もの人がやって来るんで、その前日に行って静かに見ようと思ったんです。
 そしたら、偶然にも地元の方向け説明会が開かれていて、参加させてもらえました。こういう偶然は嬉しいですねぇ。天気も雨が降るって言ってたのに、青空が広がってくれて。

 上の写真、興味のない方には、ただの黄色いパイプですが(笑)、見る人が見ると柱に見えて、その上に大きな館が見えてくる「はず」です。
 説明会では、リップサービスとして「邪馬台国」「卑弥呼」って言葉が頻繁に使われていました。説明の中にこの言葉が出てくると、やっぱり注目して聞きますからね~。
 今回発掘の一番のポイントは、建物が東西の軸線上に並んで建てられていること。東(=太陽に昇る方角)に向かって建物が並び、最後に今回発見された大きな館があります。太陽の昇る方角に立つ建物だから、卑弥呼(=日巫女)の館ではないか?いうわけです。

纏向遺跡2

 卑弥呼の時代、三輪山の麓に大規模な「都」があったのは、考古学的に確実なことです。ただ、それが卑弥呼や邪馬台国と繋がるか否かっていうのが争点なんですよね。そこがまた古代史ロマンになるわけで。
 魏志倭人伝に書かれた邪馬台国の位置は、九州でも奈良でもないから、結局、考古学的に出土した遺跡で「どちらがより邪馬台国にふさわしいか」と証明しようとしてるのが、現在の状況なわけです。だから、今回の遺構発見が大騒ぎになるんですよね。
(写真奥、黄色い柱が立っている部分が館跡。)

 もう一つ嬉しかったことがありました。遺跡で俳優の苅谷俊介さんの姿を見ることができたんですよ。苅谷さんといえば、ぼくらの世代だと石原プロの西部警察ですよなあ。古代史好きとして有名な方で、今回の発掘にも参加されてるんです。目の前に立っている苅谷さんを見ながら、あ~ホンモノや~と感激してました。

<DATA>
場所:奈良県桜井市辻 JR巻向駅北西側に隣接

(訪問日:2009/11/13)

カテゴリ:歴史 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_歴史 *歴史_奈良 

萬松堂

萬松堂

 奈良県吉野山の金峯山寺前にある老舗のお餅屋さんです。昔ながらの草餅、桜餅を味わうことができます。店内を覗くと、お店の人が大きな草餅の固まりをせっせとこねている姿が見られます。まさに手作りの味。美味しそうなお餅です。
 毎年、吉野の花見に来た時、必ずこの店の草餅と桜餅をお土産に買って帰ります。店先で1個つまむもよし、お土産に1箱10個買って帰るのもよし。和の甘味がお腹を満たしてくれます。

<DATA>
値段:草餅、桜餅1個120円
時間:8時30分~日没 店休日:火曜休
TEL:0746-32-2834 住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山448
(訪問日:2009/6/1)

カテゴリ:グルメ 奈良

関連記事

 

関連する記事:29奈良_グルメ グルメ_奈良 

プロフィール

日本全国をバイクで旅して、
現在33万km。関西エリアを
中心に旅スポットをご紹介。
by:アイアンホース


  ホームページはコチラ
最新記事

全記事一覧リストを表示

ブログ内検索
カテゴリ一覧
都道府県別一覧
カテゴリ詳細一覧
記事一覧リストを表示
全記事タイトル一覧リスト
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
QRコード
QR
QRコードを読み込んで
携帯からアクセス
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加