桜御坊『新家長福寺』その2

新家長福寺

 奈良県を代表する八重桜の名所・新家長福寺。写真右上の桜が見下ろすのは、満開の牡丹です。

 このお寺では、桜と同じ時に、藤や牡丹といった春の花を楽しむことができます。

新家長福寺

 あざやかな紫色は藤の花。
 境内の一角に藤棚があり、八重桜の満開に合わせるように、甘い香りを漂わせます。

新家長福寺

 牡丹のフワフワした花びらが、幾重にも開く姿は、まるで八重桜を大きくしたかのようです。
 色とりどりの牡丹、八重桜たちが目を楽しませてくれます。

新家長福寺

 華やいだ春の境内をゆっくりと散策してみてください。

 見頃は4月中旬~下旬頃です。

 新家長福寺の桜はこちらをご覧ください。

<DATA> 
拝観:境内自由
住所:奈良県北葛城郡広陵町三吉357

(撮影日:2008月4月21日、2009年4月17日)

カテゴリ:桜・花の旅 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

桜御坊『新家長福寺』

新家長福寺

 奈良県を代表する八重桜の名所です。
「かぐや姫の郷」として知られる広陵町にある寺院で、4月下旬まで桜が楽しめる遅咲き桜の名所でもあります。

新家長福寺

 境内はそれほど広くありませんが、色とりどりの八重桜が所狭しと咲き乱れています。花をたくさん付けて真ん丸になった桜が、とても愛らしく、まだまだ桜の季節だよ、と話しかけているかのようです。

新家長福寺

 こちらの緑の桜は「御衣黄」です。珍しい品種ですね。

新家長福寺

 さらに同じ敷地内に、大きくフワフワとした大輪の牡丹や、甘い香りがする藤の花まで咲くため、「花のお寺」を満喫することができます。

 見頃は4月中旬~下旬頃です。

<DATA>
拝観:境内自由
住所:奈良県北葛城郡広陵町三吉357

(撮影日:2008月4月21日、2009年4月17日)

カテゴリ:桜・花の旅 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

和こころ菓子『はぁーと』

はぁーと

 奈良市内・近鉄九条駅前にある洋菓子の店。
 店内に入ると、ケーキを焼く美味しい匂いに満たされています。お土産を買うつもりで入ったのに、喫茶スペースに誘われて、ついつい食べてしまいました。

 フレッシュレアチーズロールは、ふわふわケーキにチーズと生クリームがたっぷり。その中には。パイナップルやイチゴなどのフルーツが入ってます。

はぁーと

 いちごショートは、いちごのジューシーさがたまらなくって、パクッと食べてしまいます。しっとり生クリームとスポンジケーキのハーモニーが楽しめます。

 店内を焼いている「ばぁーむくぅへん」は、素材にこだわった逸品。ワンカットから食べられます。

 喫茶スペースでゆったりとお茶しながら、スイーツを味わってみませんか。

はぁーと

 場所は、薬師寺、唐招提寺の南。近鉄九条駅北側の踏切前にあります。

<DATA>
値段:フレッシュレアチーズロールカット(2人分)480円
   いちごがいっぱいショートケーキ350円
  (値段は訪問時のものです)
営業時間:9時~20時
店休日:火曜
TEL:0743-54-4478
住所:奈良県大和郡山市九条平野町3-31

(訪問日:2009年1月29日)

近隣スポット:西ノ京団子『しらかわ』

カテゴリ:グルメ 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_グルメ グルメ_奈良 

桜の通り抜け『大阪造幣局』

大阪造幣局

 毎年4月中旬、大阪造幣局で催される桜の通り抜け。全国各地の桜が集められており、約120種類以上の桜を楽しむことができます。

 写真は、珍しい緑の桜『鬱金(うこん)』。会場内には、もう1種類の緑色の桜『御衣黄(ぎょいこう)』も咲いています。

大阪造幣局

 八重桜系の桜が多く、鞠のような真ん丸な姿で咲いています。思わず、触りたくなるような可愛らしさですよね。

大阪造幣局

 樹高の低い木も多くあり、目の前に大きな花びらが開いています。フワフワした花びらを、こんなに近くで見ることができます。

大阪造幣局

 元気一杯に咲いている花を見ると、テンションが上がってきますよね。知らないうちにニコニコ顔になっていました。

大阪造幣局

 期間が1週間ほどなので、たくさんの花見客が訪れます。周辺にはたくさんの屋台などが出て賑わうため、お祭り気分で楽しめます。

 場所は、地下鉄谷町線・天満橋駅、京阪本線・天満橋」駅から徒歩。会場入口は、造幣局の南門です。

<DATA>
開催期間:4月中旬頃の1週間。毎年変更されるので、HPで確認を。
造幣局のホームページ->「桜の通り抜け」ページへ
住所:大阪府大阪市北区天満1-1-79

カテゴリ:桜・花の旅 大阪


関連記事

 

関連する記事:27大阪_桜・花の旅 桜・花の旅_大阪 

御室桜『仁和寺』

仁和寺

 京都の遅咲き桜として知られる仁和寺の御室桜。樹高が約2mと低いため、大きな白い花を間近に見て、楽しみ事ができます。

 桜のトンネルが続く仁和寺の参道を歩くと、目の前でたくさんの花たちが歌ってるような華やかさ。

仁和寺

 御室桜は別名「お多福桜」とも呼ばれています。樹高が低いことをかけて「わたしゃお多福 御室の桜 ハナが低くても人が好く」という戯れ歌があるほどです。

 境内には様々な品種の桜が咲くため、遅咲きの御室桜の前には、満開の八重桜や緑色の鬱金桜、紅枝垂れ桜などと出会うことができます。

<DATA>
見頃は4月中旬~下旬頃です。(例年の満開は20日過ぎ頃)
入苑料:500円
TEL:075-461-1155
住所:京都府京都市右京区御室大内33

(撮影日:2006年4月16日)

近隣スポット:桜アイス『いっぷく茶屋』

カテゴリ:桜・花の旅 京都
関連記事

 

関連する記事:26京都_桜・花の旅 桜・花の旅_京都 

柿ソフト『松本屋』

松本屋

 奈良県の法隆寺南大門前にある食事処。柿うどんが有名ですが、店の前には「柿ソフト」のポスターもあります。

 ほんのりとした柿の甘味が楽しみながら、法隆寺の南大門を見上げて、一句詠んでみるのもいいかもしれないですね。

<DATA>
値段:柿ソフト 250円
営業時間:9時~17時30分(L.O.17:00) 
店休日:不定休
TEL:0745-75-2449
住所:奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺1-6-4

(訪問日:2008/9/27)

カテゴリ:グルメ 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_グルメ グルメ_奈良 

春は桜の舞台『清水寺』

清水寺

 京都・東山の名刹。約1200年前、坂上田村麻呂と延鎮によって創建されました。寺へと向かう二年坂、三年坂を、観光客や修学旅行生の団体さんが登っていきます。

 桜の名所としても有名で、春には花見客でにぎわいます。
 写真は、花びらで彩られた池と、桜と競う三重塔です。

 池に浮かぶ桜の花びらの美しさに足を止め、ふと見上げれば青空に映える桜と三重塔。心弾む春景色かな。

清水寺

 こちらは有名な清水(きよみず)の舞台。桜と緑で色あざやかな春の舞台になっています。

清水寺

 奥に見えるの朱色の建物は、清水寺の入口に立つ仁王門です。境内のあちこちで、桜を観ることができるので、花見散策が楽しめます。

 創建者の一人、坂上田村麻呂は平安時代初期の征夷大将軍。当時、朝廷に従わなかった東北の蝦夷地を平定しました。
 清水寺には、その蝦夷の首長アテルイ、副将モレの碑があります。

 見頃は4月上旬頃です。

<DATA>
京都府京都市東山区清水1丁目294

カテゴリ:桜・花の旅 京都
関連記事

 

関連する記事:26京都_桜・花の旅 桜・花の旅_京都 

桜と五重塔『法隆寺』

法隆寺

 奈良県の斑鳩町(いかるがちょう)にあり、聖徳太子が飛鳥時代に創建したことで有名な寺院。
 春には、境内の各所に桜が咲き、華やいだ景色に包まれます。桜越しに見る国宝の五重塔は、春の装いを見せてくれます。

法隆寺

 法隆寺の周辺は、斑鳩の里と呼ばれており、中宮寺、法起寺など数多くの寺院が立ち並びます。春には、古刹めぐりと花見を一緒に楽しめます。

 見頃は4月上旬~中旬頃です。

<DATA>
拝観:境内自由、拝観料1000円(西院伽藍内、大宝蔵院、東院伽藍内共通)
拝観時間:8時~17時(11月4日~2月21日は16時30分)
TEL:0745-75-2555
住所:奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

近隣スポット:柿うどん『松本屋』

カテゴリ:桜・花の旅 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

マグロのヅケ串『木村』

木村

 京都・錦市場にある鮮魚店。店頭には美味しそうなマグロの串ものが並んでおり、市場散策の人たちが1本買って、その場で味わっています。

 右がマグロのヅケであっさりした味。左はマグロのカルパッチョで、オリーブオイルとニンニクで味付けされており、ポップには「イタリアンテイスト」と書かれています。

木村

 他にも、ハモ、モンゴウイカ、ホタテなどがあり、1串1串を楽しんでみてください。

 場所は、錦市場の西側、堺町通りと柳馬場通りの間です。

<DATA>
値段:生マグロのヅケ150円、生マグロのカルパッチョ150円
営業時間:8時30分~18時
店休日:日祝
TEL:075-221-1639
住所:京都市中京区中魚屋町486

近隣スポット:豆乳ドーナツ『こんなもんじゃ』
       錦市場『魚力』
       鍋焼きうどん『冨美家』

関連記事

 

関連する記事:26京都_グルメ グルメ_京都 

隠れた桜の名所『真如堂の法伝寺』

法伝寺

 京都市左京区、桜と紅葉で有名な真如堂の塔頭である法伝寺。真如堂の桜を見に来た時、総門に入る手前で満開の桜を見つけ、誘われるように入ったのが、このお寺でした。

法伝寺

 境内はまるで桜の苑。紅枝垂れ桜とソメイヨシノが満開を競い合うように、青空の下で咲き誇っていました。

法伝寺

 お寺なのですが、入口には鳥居が立っています。これは、荼枳尼天(だきにてん)という白狐に跨る女神を祭っており、その白狐から稲荷大明神(お稲荷様)として信仰されているためです。有名な豊川稲荷神社(愛知県)の祭神も荼枳尼天です。

 見頃は、4月上旬頃です。

<DATA>
住所:京都府京都市左京区浄土寺真如町82

近隣スポット:山門の桜『金戒光明寺』

(撮影日:2009年4月10日)
関連記事

 

関連する記事:26京都_桜・花の旅 桜・花の旅_京都 

プロフィール

日本全国をバイクで旅して、
現在33万km。関西エリアを
中心に旅スポットをご紹介。
by:アイアンホース


  ホームページはコチラ
最新記事

全記事一覧リストを表示

ブログ内検索
カテゴリ一覧
都道府県別一覧
カテゴリ詳細一覧
記事一覧リストを表示
全記事タイトル一覧リスト
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
QRコード
QR
QRコードを読み込んで
携帯からアクセス
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加