■このページの記事目次( ← 2014年09月 →
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都塚古墳(奈良県明日香村)

 奈良にピラミッド!
 今年の夏、大ニュースになった奈良県明日香村の都塚古墳に行って来ました。

 北海道にいた時、このニュースを聞いたのですが「アレ? その古墳だったら、何度か行ったことあるぞ。ほんとにあの古墳のことかいな?」と半信半疑でした。
 ネットでニュースを見て、やはり自分の知ってる古墳だと確認。「それにしても、あの棚田の途中にある小さな古墳が、そんな大ニュースになるなんて」と驚きました。

 8月に現地説明会があったのですが、それは大行列だろうからパスして、1ヶ月後の9月に訪れてみました。おいらにとっては「やり残した夏休みの宿題」でした(笑)。
都塚古墳

 棚田へと続く小道沿いに古墳はあります(↑)。

 小山なので、普通に見ると円墳だと思うのですが、今回の発掘では階段状に石が積み上げられた方墳である、ということで、ピラミッドという言い方で発表されました。
 いや、うまく考えたものだと思います。「古墳発見しました」と「ピラミッド発見!」では、ニュースの取り上げ方が全然違いますからね。
都塚古墳

 古墳の側面を発掘していました。人の立ってる正面下部に、石段が見えます。
 つまり現在人が立ってるところより、1mくらい下が、かつての地面。そこから、小山の上まで段々に石が積まれていて、ピラミッドのような形だったというのです。

 もう、ニュースから1ヶ月たってるんで、誰もいないだろうと思ってたら、何人かずつですが、途切れることなく見学者が訪れていました。
都塚古墳

 この穴を見ると、中央で斜めに小さく1段下がって、その右側でさらに大きな段差が見られます。この段が頂上部まで7~8段あったと言われています。

 ちなみに、穴の向こうにある棚で栽培されているのは、キウイだそうです。奈良の明日香村でキウイを作ってるなんて、知らんかった。ある意味、これも驚きでした(笑)。
都塚古墳

 さて、次は被葬者。誰のお墓かってことです。
 では、写真中央(↑)の穴の奧に、石室があるので、中を見てみましょう。
都塚古墳

 おおっ、これは見事な家形石棺! 石室には、大きな石が組まれています。ここの眠っていたのは、誰か?という話です。
 被葬者について、新聞ではどかーんと「蘇我稲目」と書いてました。古墳ファンで蘇我氏ファンのおいらにとっては、稲目と聞いて、めちゃコーフン!(笑) でも、普通は知らないですよね。

 蘇我稲目は、蘇我馬子の父。聖徳太子の曾祖父です。
 活躍したのは、仏教伝来(公伝)の頃(西暦538or552年)。仏教を受け入れるかどうかで、物部氏と争います。このへんは古代史ファンにとって、たまらんとこですな。

 都塚古墳の近くには、有名な石舞台古墳があって、これも都塚と同じ方墳で蘇我馬子の墓と伝わっています。
 蘇我にゆかり地であり、「蘇我氏系の古墳=方墳」という説と合わせると、蘇我稲目というのも、信憑性が高まります。
 でも、「誰々の墓」と書かれたものが出てこない限りは、決定できるわけがないので、ホントのことはわからない、わからないから面白い、っていうのが古代史なんですよね。

 ちなみにバイク雑誌で、この古墳を紹介しようと、写真まで撮ったんですが、見た目が「畑の中の小山」みたいなので、ボツになったんですよ。
 今だったら、大きく載せられるのにねぇ。

<DATA>
場所:奈良県高市郡明日香村阪田

(訪問日:2014/9/13)

カテゴリ:歴史 奈良
関連記事
スポンサーサイト

 

関連する記事:29奈良_歴史 *歴史_奈良 

プロフィール

日本全国をバイクで旅して、
現在34万km。関西エリアを
中心に旅スポットをご紹介。
by:アイアンホース


  ホームページはコチラ
最新記事

全記事一覧リストを表示

ブログ内検索
カテゴリ一覧
都道府県別一覧
カテゴリ詳細一覧
記事一覧リストを表示
全記事タイトル一覧リスト
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
QRコード
QR
QRコードを読み込んで
携帯からアクセス
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。