春は桜の舞台『清水寺』

清水寺

 京都・東山の名刹。約1200年前、坂上田村麻呂と延鎮によって創建されました。寺へと向かう二年坂、三年坂を、観光客や修学旅行生の団体さんが登っていきます。

 桜の名所としても有名で、春には花見客でにぎわいます。
 写真は、花びらで彩られた池と、桜と競う三重塔です。

 池に浮かぶ桜の花びらの美しさに足を止め、ふと見上げれば青空に映える桜と三重塔。心弾む春景色かな。

清水寺

 こちらは有名な清水(きよみず)の舞台。桜と緑で色あざやかな春の舞台になっています。

清水寺

 奥に見えるの朱色の建物は、清水寺の入口に立つ仁王門です。境内のあちこちで、桜を観ることができるので、花見散策が楽しめます。

 創建者の一人、坂上田村麻呂は平安時代初期の征夷大将軍。当時、朝廷に従わなかった東北の蝦夷地を平定しました。
 清水寺には、その蝦夷の首長アテルイ、副将モレの碑があります。

 見頃は4月上旬頃です。

<DATA>
京都府京都市東山区清水1丁目294

カテゴリ:桜・花の旅 京都
関連記事

 

関連する記事:26京都_桜・花の旅 桜・花の旅_京都 

プロフィール

日本全国をバイクで旅して、
現在34万km。関西エリアを
中心に旅スポットをご紹介。
by:アイアンホース


  ホームページはコチラ
最新記事

全記事一覧リストを表示

ブログ内検索
カテゴリ一覧
都道府県別一覧
カテゴリ詳細一覧
記事一覧リストを表示
全記事タイトル一覧リスト
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
QRコードを読み込んで
携帯からアクセス
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加