桜御坊『新家長福寺』

新家長福寺

 奈良県を代表する八重桜の名所です。
「かぐや姫の郷」として知られる広陵町にある寺院で、4月下旬まで桜が楽しめる遅咲き桜の名所でもあります。

新家長福寺

 境内はそれほど広くありませんが、色とりどりの八重桜が所狭しと咲き乱れています。花をたくさん付けて真ん丸になった桜が、とても愛らしく、まだまだ桜の季節だよ、と話しかけているかのようです。

新家長福寺

 こちらの緑の桜は「御衣黄」です。珍しい品種ですね。

新家長福寺

 さらに同じ敷地内に、大きくフワフワとした大輪の牡丹や、甘い香りがする藤の花まで咲くため、「花のお寺」を満喫することができます。

 見頃は4月中旬~下旬頃です。

<DATA>
拝観:境内自由
住所:奈良県北葛城郡広陵町三吉357

(撮影日:2008月4月21日、2009年4月17日)

カテゴリ:桜・花の旅 奈良
関連記事

 

関連する記事:29奈良_桜・花の旅 桜・花の旅_奈良 

プロフィール

日本全国をバイクで旅して、
現在34万km。関西エリアを
中心に旅スポットをご紹介。
by:アイアンホース


  ホームページはコチラ
最新記事

全記事一覧リストを表示

ブログ内検索
カテゴリ一覧
都道府県別一覧
カテゴリ詳細一覧
記事一覧リストを表示
全記事タイトル一覧リスト
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
QRコード
QR
QRコードを読み込んで
携帯からアクセス
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加